Q&A|外壁塗装、屋根塗装、塗り替えは埼玉県熊谷市の有限会社朝日塗装工業にお任せください。

Q&A

よくあるご質問

外壁に亀裂があるのですが、このまま塗装をお願いしても平気ですか?

ご心配ありません。下地の細かいひび割れを補修する材料(フィラー)があります。
補修が必要な場合は、フィラーの施工もおこないます。

壁に触れると白い粉が付きます。塗り替えをした方がいいですか?

これは、チョーキング現象(白亜化)と呼ばれるものです。
熱、紫外線、風、雨などのために塗膜が劣化していますので、塗り替えをおすすめします。

外壁に長いヒビが入っているのですが…

塗膜が割れて、塗膜に裂け目ができる現象です。下塗り塗膜または素地に達している深いものをクラック、塗膜表面の浅い細かいヒビ割れをヘアークラックといいます。
どちらも雨水の浸入などにより、外壁塗装の劣化を促進する可能性がありますので、塗り替えまたは補修をおすすめします。

屋根の色があせて見えるのは?

それは、変退色と呼ばれるものです。塗装したあと、塗膜の劣化によって塗膜表面の色が減退したり、何らかの原因でもとの色と異なった色に変化する現象です。
屋根は、紫外線や雨などにさらされる個所ですので、手遅れにならないうちにチェックをしてください。

業者に「シーラーで下塗りをする」といわれましたが、シーラーとは何ですか?

シーラーとは、素材(旧塗装や壁など)を補修し、上塗り塗料との密着を高める下塗り用の塗料のことです。仕上がりに影響がありますので、外壁塗装において、シーラーの下塗りは必要です。
このほかにも知らない単語を言われたら、用語集をご活用ください。

塗料が飛び散ったりしませんか?

汚れをしっかり洗い流したあとに、ヒビ割れを埋めたりして表面を美しく整えます。
この作業のできが、後の仕上がりに大いに影響します。

塗料のにおいは?

水性塗料の場合はシンナーなどを用いませんので、油性塗料のようなにおいは、ほとんどしません。

屋根の塗料は、外壁塗装で使うものと異なる?

屋根は、家の中で最も過酷な自然条件にさらされる場所です。そのため、上塗りには耐候性の優れた塗料を使用します。
RE-KABEが屋根塗装で使用する塗料については、こちらのページをご覧ください。

雨の日の作業は?

外壁塗装という特性上、雨の日の作業はお休みさせていただきます。
したがって、天候によっては作業日程に変更が出る場合もあります。

作業の際に、私たちがやることはありますか?

いいえ、何もありません。
ご近所への挨拶や説明、施工後の清掃作業など、すべて当社がおこないます。


専門知識を持ったスタッフが、丁寧にご対応致します!
営業時間9:00~18:00 定休日 日曜日
[フリーダイヤル]0120-28-4451
メールでのお問い合わせ
ページの先頭へ
Copyright© 外壁塗装、屋根塗装、塗り替えは埼玉県熊谷市の有限会社朝日塗装工業にお任せください。 All rights Reserved.